回春性感マッサージ倶楽部グループ 高輪AQUA(アクア)

2017年 10月 25日

51

地方に行くと儲かる?今どきの風俗出稼ぎ事情

つかもとまさし

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://aroma-therub.net/
 

KOKZTWEH.jpg

「出稼ぎ」といえば、かつて昭和の時代、高度成長期といわれた時期に、地方に住む農林水産業の人々が、閑散期に季節労働者として都市圏へ働きに行く、というのが通常でした。今も、物価や賃金の安い東南アジア諸国からの出稼ぎ労働者が、日本の都市部へたくさん出稼ぎに来ているように見受けられます。風俗の世界でも、「出稼ぎ」で働く、という働き方が、今は一般的になっています。

「都市部から地方」への出稼ぎがトレンド

かつての出稼ぎでは、基本的に「需要の少ない地方から、需要の多い都市部へ」人が移動するのが通常でした。そもそも地方には(仕事を含めて)需要が少ないため、たくさんの人が集まる都市部に人が流れていた、というわけです。しかし、今どきの「風俗の出稼ぎ」では、むしろ「都市部から地方へ」の人の流出がトレンドとなっているようです。この理由は、風俗嬢として働いている女性側の要因と、風俗に遊びに行く男性側の要因、ふたつの要因がうまく合わさった結果起こっていて、女性のほうは、「知らない土地のほうが、身バレ親バレリスクが低い」こと、また「供給する側の女性の絶対数が少ないため、競争が少なくなる」ことなど、結構メリットが多い模様です。

男性も待望する「都市部の女性」

また、地方に住んでいて、風俗で遊びたい男性の方の都合としても、「都市部からの出稼ぎ嬢」は、大歓迎の事情があります。地方の風俗嬢は、(人によりけりではありますが)基本的に「あか抜けない」ような場合が多く、なんだかんだいっても、都会的な洗練された女性にあこがれがちな男性は、地方から来た女性の「キラキラ感」を渇望しているところがあります。なので、都市部の女性と地方の男性とでは、ギブアンドテイクがきれいに成り立つわけです。男性側からすると、都市部から来た女性が少なすぎると、それこそ需要側の競争がきつくなるのですが、そのあたりは今の風潮に乗って、多くの女性が地方に出稼ぎに出ているため、ちょうどよいバランスが保てている、というところです。

地方の風俗が熱い?

このため、風俗で遊ぶのであれば、男性も女性も過度な競争にさらされていて、なおかつ男性目線からすると、常に多くの「いい女」がたくさんいる都市部の風俗で目が肥えてしまって、飽食気味になっていることを考えると、実は地方に行った方が、思いがけず質の良い嬢にあたる確率が高くなっている、ともいえる状況なのです。風俗で遊ぶのであれば、東京や大阪、名古屋などの大都市圏ではなく、若干離れた衛星都市や、むしろ大きく田舎に飛ばしたような地方の街のほうが、楽しめる可能性は高そうです。


文|つかもとまさし


↓↓↓マニアックスライター陣がエロネタ作りに使ってる出会いサイト。エッチできたら体験談をお送りください!
アフィリエイト


日本ハイレグ愛好会
出張マッサージ委員会
出張マッサージ&スパ アロマモムーン東京
メンズエステ日暮里

このコラムを書いた人

つかもとまさし

下世話なニュースを拾って記事にするのが趣味

つかもとまさし

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店