回春性感マッサージ倶楽部グループ 高輪AQUA(アクア)

2017年 12月 01日

78

お願いイカせて!寸止めで味わえる女性的オーガズムの境地とは

瀬尾マサト

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://www.ero-oil.club/
 

MOPPFLFM.jpg

やりたいことができないっていうのは人にとって非常にストレスとなります。しかしそれが風俗のプレイだったらどうでしょうか?意外な快感と出会えるかもしれません。寸止めの意外な良さについて書いていきます。

オーガズムグラフについて

男と女では感じ方が違う、それは誰もが感覚的に理解していることでしょう。実際に海外の性科学の分野ではオーガズムに関する研究が行われています。男性の場合、性感をグラフに表すと性行為の開始から射精に至るまでほぼ一直線になることがわかっています。つまり、気持よくなったら後はひたすら射精に向けて駆け抜けていく、それが男のオーガズムというわけです。

寸止めで味わう女の気持ち

寸止めというのは一直線に射精に向かう男の性感を強制的に止めるという行為です。オーガズム寸前で止めてしまうことで一旦性感を落ち着かせ、また刺激を与えることで射精直前にまで持っていく…それを繰り返すことで悶絶系の快感を味わえるのです。
これは先述したオーガズム研究における、女性のグラフと似ています。女は絶頂に至るまでに何度も山と谷を繰り返します。ギザギザのグラフを描き、最終的にオーガズムへと向かっていくのです。

寸止めもこれと同じで、嬢が強制的に射精を止めることでギザギザの高まりを生み出しています。つまり、寸止めというのは男でありながら女のオーガズムを強制的に疑似体験していることになるのです。

弄ばれる良さがある!

何度も果てそうになりながら射精に向かう寸止め。強制的にオーガズムを止められてしまうことに苦痛を感じる人も少なくありません。しかしそれがイヤなのかといえばそうでもありませんよね。イキたい、でもイケない…そんな狭間を行き来させられるもどかしさ…そこに精神的な快楽が生まれてしまうのです。

女性はイキたくて仕方なくなり「お願い!そのまま突いて!」と懇願することがあります。男である我々はそんな姿を見て意地悪してやりたくなり、途中で止めたりして遊びますよね。そういうイジメにさらに興奮して女はオーガズムを深めていきます。

寸止めにはそんな弄ばれる良さというのがあるのではないでしょうか。オーガズムのグラフを巧みに操り、男でありながら女の楽しみを味わえるのが寸止め…なんとも不思議なものですね。


文|瀬尾マサト

性感回春アロマSpaグループ
有頂天
出張マッサージ&スパ アロマモムーン東京
メンズエステ日暮里

このコラムを書いた人

瀬尾マサト

エロも政治もなんでもOK。まじめにしっかり読者に情報を発信するフリーライターの瀬尾です。家族を養うため、キーボードをひたすら打ち続けます!

瀬尾マサト

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店