回春性感マッサージ倶楽部グループ 世界一弱い男塾

2018年 04月 20日

125

新宿から30分。「田んぼ」と呼ばれた風俗街の今

つかもとまさし

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://www.yuyu.dgg.jp/
 

UJCCZHSZ.jpg

日本全国に点在している風俗街ですが、長い年月を経て完全に消滅しているようなところもあれば、江戸時代あたりから脈々と現在も続いているようなところもあります。有名どころはやはり、北海道のすすきの、新宿歌舞伎町、福岡の博多といった日本三大歓楽街にある風俗街なのですが、その他にも無数に存在しています。そんな風俗街のなかに、「田んぼ」という風変わりな名前を持ったところがあると聞いて、実態を調査してみました。

新宿から快速で30分

調べてみると、確かに「田んぼ」は(かつては)ありました。新宿から小田急線快速で約30分、都心からほどよく離れたベッドタウン的な街、町田駅周辺に「田んぼ」は存在していました。横浜駅からもおよそ30分といいますから、東京や神奈川からのアクセスは大変よさそうです。町田駅は、JR横浜線を境に、大きく南北に分けることができて、件の「田んぼ」は、南口のほうにありました。都心へのアクセスが良い駅の、いまどきの駅前事情を考慮すると、意外にも目立った商業施設もなく、いかにも「いいかんじの風俗街」が見つかりそうな雰囲気ではあります。

境川をはさんで相模原市側

最寄駅は町田市なのですが、近くを流れる境川という川を渡ると、相模原市となります。駅の反対側の賑わいとはガラッと変わって、ラブホは乱立しているし、風俗店と思しきお店の看板(営業しているか否かは不明です)もありますし、このあたりが「田んぼ」なのだ、ということに気づかされます。「田んぼ」の発祥は古く、昭和34年にこの場所に作られた「東新楽天地」にまでさかのぼることができます。「東新楽天地」は、「特殊飲食街(まさに「ちょんの間」を意味します)」として栄え、1980年以降は、ほぼ今の姿を維持してきているようです。

田んぼのど真ん中の風俗街

昔の航空写真で「田んぼ」を確認すると、ボウリングセンターと田んぼに囲まれた形状になっていて、それでこのあたりが「田んぼ」と呼ばれるようになったことがうかがえます。1998年頃、当時大量に存在した(主に外国人系)風俗店は、集中取り締まりによって壊滅状態となり、現在に至っています。今も「田んぼ」と呼ばれた領域には、「田んぼ」ならぬ「立ちんぼ」と思しきおばさんの姿は見かけるので、未だ暗黒系風俗街としての顔を残しているのでしょう。地元の住民の声や、行政としての方針などは理解できるものの、風情のある風俗街が消えてしまうことは、いち風俗ファンとしてはさみしい限りです。


文|つかもとまさし


↓↓↓マニアックスライター陣がエロ記事ネタ作りに使ってるサイト。エッチできたら体験談をお送りください!
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX


イマジン東京
出張マッサージ委員会
サロンブルド
メンズエステ日暮里

このコラムを書いた人

つかもとまさし

下世話なニュースを拾って記事にするのが趣味

つかもとまさし

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店