回春性感マッサージ倶楽部グループ 世界一弱い男塾

2018年 07月 26日

43

再び脚光を浴びている「セクハラ」のボーダーライン

つかもとまさし

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://aroma-nine.com/
 

HFPXMBXR.jpg

どこかの官僚が、またぞろ「セクハラ」だなんだと騒がれているようです。かつて日本中を震撼させた「ノーパンしゃぶしゃぶ事件」以来の衝撃、という言い方をすればまるで「世紀の大事件」っぽいのですが、実態としてはそんな大した話ではなく、昭和の時代から(もっと言うとおそらく、その前の明治時代や江戸時代から)何ら変わっていない「男性の性(さが)」と、「女性、そして世間の受け取り方」の問題ではないか、と思われます。そもそも現代において、「間違いなくセクハラ」か、「セクハラまではいってない」かのボーダーラインは、どの辺りにあるのでしょうか。

セクハラという言葉は最近できた?

「セクハラ」という呼称は、正式名は「セクシャルハラスメント」といいまして、言ってみれば「客観的にみて、異性が異性に対して性的な嫌がらせや言動をとる」ということを指している、その事実をあらわしている言葉なのですが、そんなに昔から存在していた言葉ではありません。もともとは1970年代のアメリカにおいて、フェミニスト運動の一環として作られた造語が語源になっている、といわれています。フェミニスト運動とは、男性女性の問題について、性の問題だけにクローズアップするのではなく、権利や義務、仕事、能力など、厳然として存在している性別そのものの意義を問うような、壮大な運動であったそうです。男性と女性の問題を取り扱うわけですから、当然「性」の領域、つまり「セクシャルな領域」も議論されていて、その中で「セクシャルな嫌がらせ」、つまり「セクハラ」という概念が生まれ、こんにちに至っています。「セクハラ」というキーワードは、1989年には、なんと日本で「新語・流行語大賞」の金賞を受賞しています。

ハニートラップの可能性も

話題の某事務次官によるセクハラ発言とされる内容は、ばっくりいえば以下の通りです。「胸触っていい?」、「おっぱい触っていい?」、「服、エロくないね」等々。なんとことはありません、そこらへんのおっさんが、日常的に職場やキャバクラで発言している内容です。前述のフェミニスト問題を語源とするセクハラ、なにやら政治的な匂いや、某事務次官や政党をハメるためのハニートラップ等々、さまざまな関係者の思惑やきな臭い空気が絡んでいる、と思えなくもありません。結論として、「セクハラかセクハラでないかのボーダーラインは、そもそもフェミニズムやセクシャルハラスメントそのものとは関係なく、政治的な意味において、存在しない」という気配が濃厚です。現代社会において、男性(場合によっては女性も然りです)は、政治的な動機で、なにげないひとことから、揚げ足取り的に後付けでストーリーが作られる、というリスクを常に背負わされている、ということを認識すべきですね。世知辛い世の中になったものです。


文|つかもとまさし


↓↓↓マニアックスライターがエロ記事ネタ作りに使ってるサイト。ぜひ体験談を編集部までお送りください!
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ハッピーメールバナー

“Jメール"


日本ハイレグ愛好会
イマジン東京
サロンブルド
メンズエステ日暮里

このコラムを書いた人

つかもとまさし

下世話なニュースを拾って記事にするのが趣味

つかもとまさし

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店