回春性感マッサージ倶楽部グループ 世界一弱い男塾

2017年 12月 19日

43

ウォシュレットって日本だけ?世界に評価される日本のトイレ

つかもとまさし

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://purumia.p-kit.com/
 

DFCYZTRP.jpg

風俗で遊ぶ際には、皆さん「時間めいっぱい楽しむ」ことを念頭において、入念な準備をおこなっているかと思いますが、遊ぶ前に必ずおこなう行為のひとつに「トイレに行く」ことがあげられます。「聖水、黄金」といった特殊なプレイをおこなう場合を除くと、10人中おそらく9人くらいは、トイレに行って用を足してから、プレイに臨んでいるのではないか、と思います。日本のトイレといえば、ウォシュレットですね。

ゲイシャやサシミと並ぶ日本の特徴?

昨今海外からの観光客が急増していますが、かつて日本といえばハイテク製品や勤勉性に加えて、キモノやゲイシャ、サシミ、寺院や神社といったオリエンタルなところがクローズアップされていたものですが、海外観光客の間で近年必ず話題にあがるのが、ウォシュレットです。実は海外ではほとんど普及していないため、非常にユニーク=日本的な存在として、海外のニュースでも頻繁に取り上げられています。

手や紙のいらないハイテクトイレ

たとえばアメリカのデイリーニュースというサイトでは、ハイテクトイレ(no hands or paper required、つまり「手や紙を使う必要がない」)として高い興味を持って伝えられています。人が近づくと便座があがったり、冬でも暖かい温度で便座が調節されていたり、手や紙を使う代わりに(まあ直接手は使いませんが)水が出てきてデリケートゾーンを洗浄したりと、「ウォシュレットがない地域」から来た人にとっては、驚愕の機能を持ったトイレである、といえます。

普及率75%

反面いわゆる「和式」と呼ばれるトイレも根強く使われていて、ハイテクトイレとのギャップも、海外観光客の議論の対象になっています(調査によると日本におけるウォシュレット普及率は75%程度、とのことです)。風俗店にあるトイレにもあたりまえのように設置されているウォシュレットですが、不況脱却の起爆剤になる可能性も秘めているのではないか、といえそうですね。


文|つかもとまさし


↓↓↓マニアックスライターがエロ記事ネタ作りに使ってるサイト。ぜひ体験談を編集部までお送りください!
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ハッピーメールバナー


有頂天
イマジン東京
サロンブルド
メンズエステ日暮里

このコラムを書いた人

つかもとまさし

下世話なニュースを拾って記事にするのが趣味

つかもとまさし

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店